何処を目指すか

々脇に逸れますが、スノーボードの世界でオリンピック等のコンペティションで見られる様なライダーが必ずしも頂点とは限らず、ビデオスターと称される様な、その筋で有名な人達が居たりと色々な関わり方がある様に、ダンサーもいわゆる芸能界一般に取り込まれる事無く、昨今特にSNSなどを足掛かりに独自の活動で生計を立てて行く事も可能(取り込まれてしまった方が確実に楽だと思いますが…)で、この方向は今後ますます増えていくのではないかと個人的には思っています。
その筋で誰もが認知する様な無二のダンサーになれば(なろうと思ってなれるものではありませんが…)、良い時期には大企業の管理職並みの年収が見込めますが、これは最大瞬間風速→数年で嘘の様に穏やかな“凪”になっていたりしますので油断は禁物です。(笑)
只いずれの場合にせよ、有名だとか〇〇のプロデュースで稼いでいるとか、諸々の“肩書き”的なものは実戦レベルでほとんど役に立たちませんし、寧ろそれが足かせになる様な場合も多々ある事を付け加えておきます。

蛇足ですが近年“日本○○ストリートダンス協会”的な団体が乱立、中には文科大臣認定などと云うのもあってビックリしますが(○○ダンス協会認定校・公認インストラクター云々も同様です)、その殆んどは利権狙い・マルチ商法紛いと見受けられますので個人的には関わらない方が懸命かと思っています。
例えば、従来からある大手芸能プロダクション等が運営するアカデミー的な形態では、出口インフラ(演者としてのお仕事)を自ら提供出来る事から例えば“JapanStreetDance○○”の様な組織を謳う裏付けがギリギリあり、ビジネスとしての必然性もある訳です。
従ってダンスをする上でどうしても何某かの保証・裏付けの様なものを求められるのであれば(地理的に新幹線で通う位の覚悟が要りますが…)圧倒的に後者の方をお勧めしておきます。

page-④
1 2 3 4 5 6